レーザー脱毛の基礎的な知識

オリジナル見出し01

脱毛には光脱毛や針脱毛などいくつかの種類があります。


その中のひとつにはレーザー脱毛があります。



レーザーの出力を一定値に抑えることでエステティックサロンでも施術が行われていますが、一般的にレーザー脱毛と呼ばれるものは医療機関で施術を行うものが当てはまります。



まず、原理としてはレーザー光が特定の色に吸収されるという性質によって脱毛を行います。



ムダ毛と同色の黒色や茶色に吸収される波長のレーザーを皮膚に照射します。
そして毛や毛根、毛の周辺の組織にダメージを与えることで脱毛を行うのです。



次に照射の回数と期間についてです。

脱毛を行う上では毛周期の考慮が大切です。



部位や個人差にもよりますが、通常は2、3か月に1回のペースで照射していくことが望ましく、5回から12回程度の施術が平均的です。
完全に脱毛を完了させるためには個人差がありますが1年から3年ほどかかります。



その他の特徴としては、レーザーを使用する場合は針脱毛などと違い痛みが少ないことが挙げられます。



日焼けがひどい部分では痛みが強かったり、毛の濃い部分では輪ゴムではじいたような痛みを感じることがありますが、基本的には痛みが少ないと言えます。

処置前や処置後のケアにも特徴があり、処置前には保湿を行うことや処置後には皮膚の熱を下げるため湯船につかることを避けるなどがあります。


満足のいく施術を行うためには、正しい知識を身に着けてからレーザー脱毛に臨みましょう。



関連リンク

  • タイトル21

    レーザー脱毛は、特殊なレーザーを照射することで脱毛する方法です。黒い色だけに熱を帯びさせることが出来るレーザーなので、肌表面を傷つけることなく、毛のもとになるメラニン色素や、わずかに生えた毛だけに熱を帯びさせ、毛母細胞を死滅させることができるので、毛が生えなくなります。...

  • タイトル22

    医療クリニックでは、男性の医療レーザー脱毛にも対応しています。多くのエステサロンは女性専用で、脱毛サロンがあっても、殆どは女性専用になっています。...