レーザー脱毛のメリットデメリット

オリジナル見出し01

レーザー脱毛は、レーザーを当てて脱毛する人気の脱毛方法の一つです。



施術を受けた毛穴からは徐々に弱々しい毛が生えるようになり、やがて毛が生えなくなってしまいます。



針脱毛に比べると圧倒的に痛みが少ないのがその特徴です。


レーザーを照射するときに、輪ゴムで弾くような痛みがありますが、ほとんどの方が我慢できる程度の痛みと言われています。


事前に脱毛部位を冷却しておくため、痛みを感じにくくなり、火傷などの肌トラブルを防ぐようにしています。

レーザー脱毛は、一度に広い範囲にレーザーを照射することができるため、施術時間が短くなります。
ワキのような狭い部位だと、約5分程度で終了してしまいます。



膝下などの広い部分でも、30分程度で終了することができます。



毛が生え替わる毛周期に合わせて月に一度ほど通うと、個人差はありますが、2年から3年ほどで脱毛が完了します。



脱毛が完了すると、毛穴が引き締まって綺麗な肌になります。



レーザー脱毛のデメリットといえば、色の薄い毛はレーザーが反応しにくいことです。ワキやVラインなどの濃い黒い毛は、レーザーがよく反応するため、比較的早く脱毛が完了しますが、腕などの産毛は、メラニン色素が少なく、レーザーを高い出力にしてもなかなか効果がでず、わずかに残ってしまう場合があります。
色が薄く数も少なくなりますので、気にならない方もいますが、全くの無毛にするには時間がかかってしまう場合があります。また、酷い日焼けをして、肌が真っ黒になっていると施術を受けることができません。

肌表面にもメラニン色素が集まっているため、レーザーを照射すると火傷をになってしまいます。



この場合は、しばらく待て肌の色が薄くなると施術を受けることができるようになります。



関連リンク

  • タイトル21

    看護師は病気で困っている人がきちんと回復する手助けをしたり、不安感を取り除くなどの人の健康生活や生命に関わりのある非常に社会から必要とされている社会的地位の高い職業なので昔から看護師の資格を取りたがる人は多いです。長く病院に勤めれば勤めるほど看護スキルを高めることができるのですが、しっかり自分に合った病院を求人で選ばないと、精神的や肉体的にストレスがかかってしまうリスクがあるので注意が必要です。...

  • タイトル22

    脱毛には様々な方法があります。たとえば針脱毛、フラッシュ脱毛、ワックスを用いた方法などがあります。...