医療機関で行うレーザー脱毛とは

オリジナル見出し01

病院やクリニックで行う医療レーザー脱毛は、最近の脱毛法の主流になっています。



毛のメラニン色素にのみに反応する特殊なレーザー光を脱毛したい部位に照射すると、皮膚下にある毛根のメラニン色素が光を吸収し、吸収された光が熱に変わり毛の生産工場である毛乳頭が破壊され二度と毛が生えてこなくなります。



周辺の皮膚には影響を与えないので、痛みも少なく効率良く脱毛ができます。



カミソリや毛抜きを使ってムダ毛の自己処理を続けていると、毛穴から雑菌が入り炎症を起こしたり、毛穴が傷つき色素沈着を起こし黒ずんでしまうことがあります。



レーザー脱毛には、美白効果や肌の引き締め効果もあるので、何度か繰り返して施術を受けるうちに、黒ずみが解消され開いた毛穴も引き締まってきます。
レーザー脱毛は医療行為となるので、皮膚科などの医療機関でしか受けられません。



医師や看護師などの医療従事者だけが施術を行うため、安全性が高いのが大きなポイントです。



事前に医師が診察を行うので、アトピー肌や敏感肌の方でも安心して脱毛ができます。


非常に肌トラブルの少ない安全な脱毛法ですが、ごくまれに赤みや火傷などが起こるケースがあり、そのような時でも医療機関で施術を受けているので、すぐに医師による治療が受けられ、抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されるので安心です。



施術時間も短く、十分に我慢できる程度の痛みだと言われていますが、痛みの感じ方には個人差があるので、我慢できない方には麻酔クリームを使ってもらえるので医師に相談すると良いでしょう。



関連リンク

  • タイトル21

    脱毛には光脱毛や針脱毛などいくつかの種類があります。その中のひとつにはレーザー脱毛があります。...

  • タイトル22

    以前は、圧倒的にムダ毛を自分で処理している女性が多かったのですが、徐々に変わってきちます。だんだんと医療機関で脱毛する女性が増えてきました。...